インコのマスク

エリン・シロマル


 星新一は日本でユーモアや皮肉があるショートショートを書くことで知れ渡っているSF作家で、「肩の上の秘書」を例外でないと思う。このショートショートでは、社会の人々は本当の意見があるもかかわらず、肩にはいつも敬語を使うインコがいる。ある日、ゼーム氏と呼ばれた人は主婦に彼の会社(ニュー・エレクトロ会社)の電気グモを売ろうとした。同時に、読者は人々と彼らのインコ間の関係を見ることができる。だいたい4 ページから成っているショートショートであるから、社会の役割についての読者によってすることができる解釈は色々あると思う。
肩の上で無意識に敬語を使う個人的なインコを持っていることは便利なようだ。日本では、他人を尊重し、特に消費社会に日本の愛顧の伝統を続けるために、敬語の使用は「必要」なものだ。だいたいの日本人は他人に丁寧に接し、世の人に従う社会的な存在だと言われている。
 しかし同時に、ある特定の役割を果たすために他人から自身の意見や感情を隠している。ロボットのインコを持っていることによって、人間もロボットのようになる。誰かが他者を喜ばすか、上司に尊敬を表す必要があれば、「お世辞のような言語を使用して」そのような責任への完璧な態度を表現できる。そひて次第に、お世辞や礼儀は人にとって冗談のようになるかもしれない。しかし、日本人は特に消費社会で人に神様みたいに感じさせることに励む。例えば、販売員はいつも微笑み、お客さんの衣服や風格についてコメントしている。それはお客さんに特別な感じを持たせるためにである。
最終的に、インコが心身を制御するようにお客さんや販売員を含む皆は自身のアイデンティティを失うようである。ゼーム氏と主婦の会話の間に、主婦は彼女の家から失礼な方法でゼーム氏のビジネスを拒絶したがっていた。しかし彼女のインコはゼーム氏に彼の新製品を販売できる希望を与えるように絶えず弁解する。ゼーム氏に関しては、彼のインコの礼儀によって消耗した彼の不平にもかかわらず、一日中お客さんと上司へ従属している。皮肉にも夜になると彼はインコをロッカーに入れてマダムからお世辞を聞くためにバーに行って幸せを感じる。彼は自分ではインコを通して人にお世辞のうそをつくが、彼自身もお世辞聞くのを楽しまないわけではない。
 それにしても、どうしてインコのマスクか。インコは美しく、カラフルな羽を持っていることで知られている。社会と同じ事をする(時流に合わせる)ために、インコのイメージは失礼になるかもしれないことや人々自身の意見を覆う美しいものとして役立つと思う。日本人のアイデンティティは同種であるろ他の国が考えるのは当然だかもしれない。別の本は(正高信男の「ケータイを持ったサル」)、社会から離れていつも自分の部屋に引き籠るひきこもり系や、彼ら自身のグループの形成によって社会に反抗するルーズソックス系について述べていた。どちらのグループも社会によって無視されるか、害虫として見られる。自身のアイデンティティを見つける問題まだであると思う。