Body Cocktail」の書評:セックスVS.

エリン・シロマル

 山田詠美の小説「Body Cocktail」では、性に関連する人間関係の本質が「私」という17歳の女の子とカナという彼女の友達の間で大きい役割を演じる。「私」とカナの両者は同じ年齢であるが、性や恋について別の見方がある。カナはもうある外国人や多くの男の人とベッドに入ることを日常にしているようだ。17歳という年齢でも、それについて騒がない。その一方、「私」は男と寝ることを彼女自身まだ経験していないので、性についてのことは重大なことのようである。彼女にはよく泣いたり笑ったりする若い女の子が人気がある女の子だという概念があるようだ。彼女にとっては、愛が二人を一緒にしておく。しかし、最初はセックスの重要性を解ることができなかった。
 性についての知識は大人と子供を分けることができる。性の過去の経験や間違いは大人になるための知識になる。カナは多くの男の人と寝たので、もう人間関係の性質を悟っただろう。誰かを愛する前に、いつも知らぬ人と恋をすると私は思う。しかし、カナは「どんなに愛し合ったって、体が離れれば、他人同士に戻るし、心が、通じ合っていたって、そのつながれた心って簡単に切り離されちゃうこともある。」と言って、その恋は永久に持続しないかもしれないと思っている。それても、かつて、結合した二人のブレンドのボディーカクテルがある。その二人のボディーカクテルは個人になる。そして、これが繰り返される。つまり、セックスからのその人とのその短い関係が愛より人生でもっと永久に続く印象(つまり、赤ちゃんやボディーカクテル)を作ることができる。人生で色々な関係を経験できるようだ。だから、カナにとっては、好きだった人に関する記憶を覚えているのは役にも立たないと思っている。カナは、短い関係でも、有意義な関係を証明するために、そして、彼女の性を守るために、子供を生んで育てるだろう。
 また、性についてのこの質問は日本の教育システムの若い女の子に対して刺激が欠けていることを描写していると私は思う。放課後の活動や勉強する代わりに、これからの若い女の子は夜遅くまで町にとどまり、多くの男と関わり合いになるようだ。たぶん学生の間に妊娠が増加しているために、学校でも妊娠した女の子のためのカンパがあると「私」は述べている。学校は事実だけを暗記する場所であるべきではない。学生は悩みを解決するために、何かが彼らの心を刺激する必要があると私は思う。特に若い女の子は、現実の世界で生きていると思っているが、同時に彼ら自身の性がまだ解っていない。学校を止め、男と走り去ることを決める前に、彼ら自身の性や性格や犠牲を知らなければならない。愛かセックスか、何が人間関係を構成するかなどを。
 カナのように、大人になるために、過去の経験や間違いから学ぶことができるが、学校と学生の間に性についてのより多くの議論があるべきだ。それは剣呑で、不快な話題であるが、猫のように好奇心のある若い女の子を殺さないために、必要なことである。この小説は性についての問題をうまく描写していると思う。