Body Cocktail

ライアンキャシディー

 山田詠美が書いた「Body Cocktail」と言う小説の主役のカナは1980年頃の高校に入った女の子だ。山田詠美は主役のカナのキャラクターで現代の女子高校生の姿を説明しようとしていた。例えば、カナの好きな男の人に伝えたい気持ちは人魚姫の様な気持ちだ。山田詠美は女子高校生の気持ちとかはっきり伝えようとしているようだ。
 カナは親友である語り手の私がいて、二人は好きな男の人のこととか話し合えるから、カナは寂しい人魚姫とはちがっていい友達がいる。現代の女子高校生はたいていカナと同じ様な友達がいて、好きな男の子といろんなこととか話し合えて、高校の中で一人ぼっちになる前に、親友を選ぶことだ。そして女子高校生が好きな男の子はやっぱりたいてい年上だ。年下のガキみたいな男の子は偉い人ではなく、彼らは本当に子供っぽい感じだと女の子が思っている。その代わりにカナの様に女子高校生はもっと大人の年上みたいな男の人を見つけたいと思う。だから女子高校生の考え方は男の子よりもっと大人で、その年上の男の人はちゃんと女子高校生の大人の考え方とか気持ちなどが理解出来るかもと思っているようだ。それより、カナは好きな男の人に恋をしたってことはまるで現代の人魚姫みたいな事情になった。
 カナはよく男の人と一緒にベッドに入っていたが、何時も男の人と一緒にベッドに入るとなんだか寂しい感じになりそうだ。カナは人魚姫の様な苦しさをきっと感じていたから、彼女は何度も男とベッドに入ってて、まるで自分自身が少しずつなくなっていたようだ。語り手の私が言ったのは「王子様の側にいるための足をもらった人魚姫が言葉を失ったように、何かをなくさなくてはいけないのかしら。」語り手が言ったとおり、カナはきっと自分の心の結晶とかゆっくり消えているかもしれない。最後にカナは妊娠してになった。
 カナは普通に男の人と一緒にベッドに入っていたから、学校の若い心を持っていた男の子の生徒より、年上の大人の男の人と付き合いたかったのだろう。けど、カナは何度も何度も男の人と寝て、自分の心が少しづつなくなってしまった。そして学校をやめて、子供が生みたかったようだ。最後にカナの女子高校生の姿が消えて、男の人の好きな大人の人になった。山田詠美が読者に伝えたいことは今の子供達は早熟で、子供が早く大人になりたいのはいいけど、子供の生活をエンジョイするべきだ。子供の頃はいつのまに消えてしまうから。