EA 198/398
Japanese Pedagogy
Akemi Morioka

UCI Japanese Program
 

なぜ語学のクラスで文化を教えなければならないのか?
 ・言語も文化の一部である。言語を教えていること自体、文化(small C)を教えていることになる。
 ・言語は民族の象徴であり、個人のアイデンティティーである。
 (逆に、exclusiveな集団を形成したり、国家主義の批判を受ける?)
 ・考え方が話し方(文の構造)や表現に大きく関係している。
    例:主語を使わない。自分を出さない。結論を最後に言う。
      全体の中で自分をとらえる。「お陰さまで」「お世話になっています」
 ・文化抜きで言語を教えると仮定すると、学習者が知っている言語の中の単語に相当する、ターゲット言語
  の単語を教えるなどして直訳させることになる。どの2か国語間でも直訳は不可能である。
 ・文化的背景を知らないで直訳の表現を使ったら、文化的に適切でない行動をとって、失礼になることが
  ある。 知らないことは恐ろしい。
     例:目上の人やお客に「コーヒーほしいですか?」と聞く。

---------------------------------------------

具体的に何年生でどんな文化事項を教えるのか?

一年:
言語を教える時に、学生の母語と違うパターンを解明するためには、日本人の思考回路(文化の一部)を教えることが必要。会話の設定などで日本人の人間関係も学ぶ。基本的なDOs and DONユTsを教えること!
  生活の中での挨拶、自己紹介の仕方(団体の中の個人)。日本の町。
  手紙の書き方。天候(気候、風土)の重大性。日本人の日常生活。     
  余暇。消費生活。食生活。旅行の仕方。

二年:
日本社会(文化の一部)について、話せるようになることがゴール。
 ・敬語
 ・日本社会について(教育、仕事、ボランティアなど社会との関わりあい、
  結婚、余暇、家族、宗教)

三年:
エッセイタイプのもの(生のものに近いもの。年中行事などが折り込まれてい る。)を読んで、何かを
通して、それに対する日本人の感じ方や考え方を学ぶ。 又、自国の文化と比較して、同じ人間としての共通の
考え方にも触れ、文化理解 を深める。
ニュースを聞いたり、新聞や雑誌を読んだりして、自分で教室外の社会から情報 を得られるようになるように、学生の自立の手助けをすることがゴールである。

四年:文学(文化の一部)

*いわゆるBig C と呼ばれる伝統芸能などは、折りを見て、3年間で主にビデオを通して紹介する。

-----------------------------------------------------------------------------

UCI Japanese Program

Why Teach Culture in Language Classroom?

Language is a part of culture. Teaching a language is teaching its culture.

1. Cultural appropriateness

It is impossible to teach language without cultural context. However, if we try, the sentences will be mechanical word-by-word direct translation from the learnerユs first language to the target language which lacks social appropriateness. For instance, if someone asks a Japanese person メdo you want some coffee?モ in its direct translation into Japanese, it will be considered rude. The word メwantモ in Japanese is a strong desire which is inappropriate to use when offering something. メCultural appropriatenessモ is one of the most crucial factors when learning a foreign language.

2. Understanding the logic behind the differences in two languages and cultures

Generally a learner find more differences than similarities between his first language and target language at the beginning. Some learners may have a hard time getting used to the different language patterns and behaviors. However, when the thought process of the native speaker and logic behind are explained to the learner, it should be much easier to adjust to the new thinking patterns.

3. What is cultural understanding?

Cultural understanding is not to teach learners the differences of the target culture. Rather, it is to lead the learner to realize how many common factors we all share in different cultures.

4. Why do we teach foreign languages?

Because we want learners to communicate with the native speakers for better understanding of each other. Teaching a language is not just teaching the mechanical translating skills; teaching the language and culture always go together.