EA 198/398
Japanese Pedagogy
Akemi Morioka

                    レッスンプランのたて方

I. Course Design の仕方

1. 自分が教えるコースで、1年間で何を教えたいか。教科書は何を使って、どこまで進みたいか考える。

2. 1年で教科書のいくつの章をカバーするか決めたら、1学期ではどこまで進めばいいか決める。

 

II. 毎日のLesson Plan のたて方
  
1. 1 つの章に3週間かけるとして、どこか一つの章を見て、文法を3週間に分け、
  その他、vocabulary, function, kanjiも3つに分けてみる。(おおよそでいい。)

Grammar Vocabulary Function Kanji
week 1
week 2
week 3


2. 次に実際に何曜日にどの文法を教えるActivityをするのか5日間に分けてみる。

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
week 1
week 2
week 3

3. 一日50分の授業として、5分か10分刻みのプランをたててみる。

月曜日
10:00-10:05... Greeting. Ask Ss what they did on weekend., etc.
10:05-10:10...
10:10-10:20...
10:20-10:30...
10:30-10:40...
10:40-10:50...

4. 教科書にあるアクティビティー以外に自分で作ってみる。プリントも作る。
 (誰かにみてもらう。)

------------------------------------
1。導入の仕方、transition を工夫すること。
2。アクティビティの時間は10分程度。スポットチェックも忘れないこと。
3。メカニカルドリルも必要。面白くするために絵カードなどを使うこと。
4。ペアワーク、グループワーク、クラスのみんなで、先生と生徒などと活動形態に
   変化をつけること。たまには生徒が先生に質問するという形式もいい。