EA 198/398
Japanese Pedagogy
Akemi Morioka

教科書選び

Q: どんな教科書が良い教科書と言えるのか。

教科書に必要なものは何か。
  - そのレベルに必要な文法の紹介と説明
  - 適切な語彙
  - トピック
  - 場面/機能(Function)
  - 文化
  - 漢字
  - 絵と写真

A: Listening, Speaking, Reading, Writing4技能すべてが伸ばせるActivityがあって、
 文化的情報も入っている教科書。
 理想的なのは、workbook, audio tape, teacher's manual, video tape, computer       software すべてが揃っている教科書。
 listening, speaking, reading, writing4技能すべてが伸ばせるActivityがあって、
 文化的情報も入っている教科書。
 

Q: その他、教科書を選ぶ時に考えた方がいいことは?
 

A:使用方法。つまり、 その教科書は独学/自習用か、教室用か。

A: 完璧な教科書は存在しないので、足らない部分を補足していく場合、何が一番作りにくいか。
 作るのに時間がかかるかを考える。そして、それが入っている教科書を選ぶ。

-------------------------------------------------------

実際の教科書の分析


  教科書は大別して、以下のように分けられる。     
     a) grammar driven 例:IMJ
     b) contemt driven  例:簡単な歴史の教科書
     c) topic driven    例:ようこそ
     d) task driven    例:名古屋大学の教科書

実際に'Learn Japanese,' 'Yookoso,' 'IMJ' のある課を使って、分析して見よう。
例:
  Context (Situation).. at friend's house
  Content.......................... talking about Christmas presents
  Function/Task.. asking for suggestions about gifts for friends in the U.S.
  Expressing................... likes and dislikes
  Grammar....................... giving, receiving verbs, ba-ii
  Culture.................. declining first offer, offering a drink/ food to a visiter

この後で、この課に足りないものを実際に作って見よう。