読解ストラテジーの調査

UC Irvine 森岡明美
 

 この調査は、「学生の読む力(Reading Comprehension)は、Reading Strategyをどれだけ使っているかにかかっており、モReading Strategyが高まれば、読む力も高まる」という仮説を立て、それを証明するために行なった実験結果である。

Research 1.....Intensive Reading のためのストラテジーとはどんなものかの調査。

Testees:
1994年春学期のJapanese Pedagogyのクラスをとった学生12人。(10人が日系人で2人が韓国人。)
中級から上級の能力のある学生。

Step 1. Reading Comprehension Test:
読解力をはかるための試験をする。この試験は、あるエッセーを読ませて、それについて、Multiple Choiceの質問(日本語で4択の問題と正誤問題)をする。

Step 2. Test (Translation) to find Strategies for Intensive Reading:
1。Language Lab に連れていき、Think Aloud の練習をさせる。
2。日本の青少年の非行問題、家庭の問題について読ませる。内容については以前取ったクラスで触れた   ことのある話題であり(background knowledge はある)、構文はそんなに複雑ではなく、読む際に  困りそうなのは、漢字と語彙である。
3。その文章を読み、Think Aloudしながら、英語に訳させる。いくつの文を時間内にうまく訳せている  かで点数をつける。
4。読解 /理解能力テストとこのテストの関連性を調べる。

Findings:
 多くの学生は、「訳せ」と言われると、一文ずつ声を出して読んでは、英語に訳す。または、全く声に出さないで目だけで読んで、最初から文頭から英語に訳していった。だが、Reading Comprehension Test で高得点の学生は、2ー3文、または一段落読んでしまってから訳していた。(これは、日本語の文章は、英語で書かれた文章に比べて、一段落が短いことも影響しているかもしれない。)このストラテジーはIntensive Reading にもExtensive Reading にも使えると思われる。

------------------------------------------------------------------------------

Research 2.....Extensive Reading のためのストラテジーの調査。

Testees:
1994年秋学期の3年生Intensive Kanji & Reading のクラスの学生10人。
(3人が白人、1人がスペイン人の留学生、あとの6人は日系人。)

Step 1. Extensive Reading Test:
ある文章を5分間で読ませ、そのあと、その紙の裏に覚えていることを日本語でも英語でもいいからみんな書き出すように指示する。この結果わかったことは、読めない漢字や意味のわからない単語があっても、文章全体の意味を把握する能力はある。だが、面白いことに、数字はみんなが間違って覚えていた。この調査結果を元に、Extensive Reading の能力のある学生と無い学生とに分ける。

Step 2. Reading Training:
The students with poor performance in reading was given two-week training sessions. They were taught to use the following reading strategies:

1. Look at visuals accompanying the passage, such as photos and pictures, in order to get a general idea what the passage is about, before starting to read.
2. Read the title of the passage and guess what the content is.
3. Check how many paragraphs are in the passage. If a paragraph starts with a conjunction, use it as a clue to find the flow of the whole passage.
4. Read the first and the last sentences, and probably 2-3 sentences if necessary to find out the authorユs message.
5. Skim through the passage once, paying attention to the end of each sentences.
6. Read the passage again more thoroughly trying to figure out the unknown words from the context, and from the meaning of the kanji.
(7. At the same time, in order to increase vocabulary, the students are allowed to look up three words in a dictionary. これから読ませる読み物の中の単語を40個並べて、読み方がわかるか、意味がわかるかをチェックさせた。そして、どうしても知りたい単語を3つ探させる訓練をする。Readingをしていて、辞書を引けないとか、だれかに意味を聞いてはいけないという状況は、実際の生活の中で少ないはずである。だが、知らない単語の意味を全部調べていては、Readingは全く前に進まず、読むのもいやになる。そこで、「これを知らなければ、この文章全体の意味が取れない」と思われる語彙を3つ抜き出す練習をさせた。そうすることで、文章の中のどこに筆者の伝えたいメッセージが書いてあるのかを探しだす目を養うことにもなる。)

Step 2. Extensive Reading Test
2週間後に同じようなテストを行い、Reading Strategies を教えられた学生のグループとそうでないグループの結果を比較する。

Findings:
After the 2 week training, those studentsユ reading comprehension has become slightly better, but not dramatically.

Conclusions from the Second Language Aquisition Theories and These Two Researches:
1. Reading materials for intermediate students contain many kanji compounds that are crucial for comprehension, and they could be a major barrier for comprehension. At intermediate level, what they still lack are kanji compounds, that is vocabulary, and not sentence structures.
2. Students remember kanji as parts of kanji compounds from passages they have read, and remember them with the content of those passages. Therefore, teaching kanji by themselves without context is less effective.
3. Building メworld knowledgeモ is on good strategy for teaching reading. For intermediate level reading, however, if students acquire that knowledge in English and donユt know the Japanese vocabulary, it wonユt help much in reading. So, it is very important to provide the information in the target language.
4. Good strategy-uses are good readers. Reading strategies should be taught in class starting at the early stage. The will help to lower studentsユ fear of reading as well.
5. Good readers use bottom-up and top-down approaches effectively.
6. Good readers use contextual and discourse clues effectively, especially for vocabulary and kanji.
7. Reading is not the process of decoding symbols, but it is a dynamic action/process. Readers have to use integrated knowledge and skills they have learned in the past when finding our the meaning of words, sentences, and messages of passages.

これからの課題:日本語の読解ストラテジーの限界
・日本語や日本文学専攻の学生が読む読み物は、工学や科学を専攻している学生と違って、説明文や解説文ではなく、エッセイ的なものが多い。エッセイ的なものには、接続詞が余り使われず、文章の流れを接続詞に頼って予測させることはなかなか難しい。
・レベルの高いIntensive Readingの場合、構文をしっかり復習するとか、接続詞をしっかり覚えるとかの他には、使えるストラテジーは無いのではないか。加納「読解指導の方法と過程」によるような、読みの技能を教えても、そんなには助けにならないのではなかろうか。例えば、「い」がついているから形容詞だろうとか、「られる」とあるから受け身だろうとかわかっても、その語彙の意味を知らないかぎり、Intensive Readingはできない。漢字から意味を推測するということくらいしかストラテジーとして使えないのではないか。
・ただ、Extensive Readingでは、Reading Strategy の成果が出やすいとは思う。