EA 198/398
Japanese Pedagogy
Akemi Morioka


読解力


Listening とReadingの共通点
  1。聴解力とは何か。読解力とは何か。
  2。何のために聞くのか。何のために読むのか。

According to Ommagio, 4 types of readings are: skimming, scanning, extensive reading, & intensive reading, and these 4 types are explained as follows in Dos mundos: A Communicative Approach:
  1. Scanning means searching for a particular piece of information. For example, you can scan a menu to look for something that appeals to you, or you can scan newspaper ads for items of interest. .....You don't need to understand every word in an ad to search for the information you need or desire.
  2. Skimming means getting an overview of the main ideas in a reading. For example, people often skim newspaper articles or will skim a new chapter in a textbook before deciding which section to concentrate on. You should always skim a reading selection before reading it.
  3. Intensive reading is what you do when you are studying. For example, you read a  chemistry assignment intensively, thinking about almost every sentence, making sure you understand every word.
  4. Extensive reading skills are used for most for reading purposes. When you read   extensively, you understand the main ideas and most of the content. You do not study the material, however, and there are usually words you do not understand. When reading extensively you use context and common sense to guess at the meaning of the words that you do not understand. Sometimes there will be whole sentences (or even paragraphs) that you only vaguely understand. You use a dictionary only when an unknown word prevents you from understanding the main ideas in the passage. Extensive reading is associated with reading large amounts of reading material.

   *In Dos mundos: A Communicative Approach, you will read the selections in the      first few chapters intensively in order to start reading in Spanish. But for the most    part we want you to avoid intensive reading in order to learn to read extensively.      Most of the readings we have provided are for practice with extensive reading.

   *つまり、上の4種類のReadingが目的によって使い分けられるようになるのが理想である。

3。理解力を調べるlistening activity の種類とreading activity の種類
   コツ:1. わからない単語があっても文章全体の意味はとれるのだと自信をつけさせること。
     2. 理解の正確さだけを試すのではなく、推量の力や想像力を養うためのopen-ended          question(答えが1つでない質問)もすること。

Listening とReadingの違う点
Listeningは人の声の場合、その声からその人の感情を読み取ることができる。又、人の声の他にも
、色々な音が混じるし、ドラマなどであれば、表情など視覚的なものが音声より大きい比重を占めることもある。Readingでも広告などは、写真など文字以外のものにたよることもあるが、長いまとまった小説などは、ほとんど文字だけで理解しなければならない。

ここで再び、コミュニケーションを教えているクラスでの「読解力」とは何か?
1。音読できること?  2。語彙がわかること?     3。文法がわかること?
4。文が解読(decoding)できること?       5。文章全体の意味がわかること?

答え=主として、extensive reading ができることである。
つまり、上の1ー4番は「読む練習に入るための予備訓練」で、「読む訓練」そのものではない。
「Readingを教える」ということは、上の1ー4番以上の事を教えることである!!!

Extensive reading には、何が必要か?ーーー「速さ」と「理解度」の両方
Extensive reading 訓練の例
    1. 読み物を速く辞書なしで、3度読ませる。
   2. 18 pages, 24 pages, 30 pages, 40 pages, 54 pages とだんだん長いものを読ませていく。

ストラテジー
 1. 写真や挿絵、題名などから、書いてあることの内容を予測する。
 2. 1語1語、1文1文の意味よりも話全体の筋を追って読む。細かいことはわからなくてもいいから  先へ先へと進むこと。(2度目に読むときにわかってくる。)
 3. 知らない単語があっても、とばして読むこと。contextや漢字から意味を推測するようにして、
  辞書は絶対に引かないで、できるだけ速く読むこと。(しかし、3度読んでもまだわからない単語  があって気になるならば、辞書を引いてもいい。)
 4. 今何が起こり、次に何が起こりそうか考えながら読むこと。