EA 198/398
Japanese Pedagogy
Akemi Morioka

            日本の文字の歴史
1。漢字の歴史
  日本人が始めて接した文字は、地理的条件から、中国の漢字であった。古くから中国や朝鮮半島から、鏡、刀、銭など、漢字の銘を持つものが徐々に日本に入っていた。
  4世紀末から5世紀初めにかけて、百済から漢字、漢文がもたらされ、日本の支配階級が学んだだろうと推測されている。

*日本語を書き表すには、漢字よりもヨーロッパのアルファベットの方が適していた。なぜなら、日本語は活用語尾や助詞などを音で表わす必要があり、表音文字の方が日本語をうまく書き表せるからである。(漢字は表意文字)もし日本が大陸の西に近い位置にあり、ヨーロッパ系のアルファベットが5世紀初めの日本に渡来していたら、現在の日本語とは違った日本語を我々は話していただろう。漢字、漢文の渡来は文字だけでなく、語彙、発音にも影響を与えたからである。

  漢字、漢文が渡来したのは、日本が国家としての形を整え、中国、朝鮮への外交文書を作成する必要があった時だった。又、中国から学ぶべきことがたくさんあった。だから、当時の日本人は国際通用語として漢字、漢文を学んだのであって、日本語を書き表すために学んだのではなかったらしい。
  最初は漢文を読み、漢文で書き表していたが、外国語である漢文では、どうしても自分の心を表わすことができない。そこで、漢字、漢文に密着しながらも、徐々に日本語を表わす方法を求めることになった。
  方法1。漢字に訓を当てて読み書きする。... 訓の用法440年頃
        (形)  (意味)  (発音)
         山  mountain  サン(中国語)... 音
                  やま(日本語)... 訓
  方法2。漢字が持つ意味を捨てて、音だけを借りて発音を書き表す方法。... 音訳
      これは、既に中国で行われていた。
         例:釈迦(サンスクリッド)、卑弥呼
  8世紀に編集された「古事記」によると、その記録者太安万呂は、
    「訓による表記を行うと、日本語に忠実な内容を表わせないし、かと言って音訳による表記では、文章として長くなりすぎる。」と言い、訓読みできる日本風の漢文を主体として、発音をはっきりさせようとする部分に音訳の方法をあてた。

2。なぜ仮名が必要だったか?
  歌は、ただ意味を表わせばすむものではなく、発音を表わすことが大切である。漢字を表音文字として文章の中に取り込んで使う限り、活用語尾、助動詞、助詞を書き表す表音的な部分を何らかの形で区別して書き、読みやすさを増す必要があった。
  平安時代に入って(漢字が渡来してから500年)、やっと日本人は表音文字であるカタカナ、ひらがなを作り上げ、日本語を自由に書き表すことができるようになった。

3。なぜ漢字を捨てなかったか?
  本来、漢字、漢文の輸入は外交や文化の吸収のためであり、日本語を書き表すためではなかった。日本は、中国から文化を輸入して学ぶ必要があり、継続して中国との接触を保とうとした国であったから、漢字は権威ある文字であり、漢文を捨てることは文化と絶縁することであった。しかも、漢文によって持ち込まれる文化、文明を共に、それを表わす語彙が日本語の中に多く入り込み、漢字なしでは政治や文化について考えることも表現することも不可能になりつつあった。
  又、漢字が洗練された表意文字で、音を変えることなく一目でその形から意味を知ることができる。例えば日本語では1つの語である「みる」を「見、看、観、視、診」と書いて意味の細かな差が表現できることも、表現の豊かさを増す点で便利であった。
  その上、漢字とかなを混ぜて書くと、文字の形の違いから、言葉の区切りが一目瞭然である。例:漢字は/文字の/形から/意味を/伝える/働きを/持つ。

4。カタカナの成立
  カタカナは漢文の訓読、注釈の必要から生まれたように、漢字の補助として成立した。
漢文訓読の、いわば男の世界で生まれ、形も漢字と調和する姿を持ち、学問の世界で使われてきた。
  現在は、動植物名、擬声語、擬態語、外国語音、その他、発音そのものを書き表していることを強調する時に用いられる。

5。ひらがなの成立
  ひらがなは漢字から離脱する形で生まれた。戸籍に人名を書き付けたり、手紙を書いたりする実用の世界で生まれた。そして、漢文とは縁が薄い女性によって用いられ、多少の漢文を交えながらも、平安時代の和文の日記や物語などを生み出したのである。このようにひらがなは和歌、和文など趣味的な世界から次第に広く用いられるようになった。