EA 198/398
Japanese Pedagogy
Akemi Morioka

英語話者の英語からの悪影響(interference)

1。アクセント

英語のアクセント =stress accent (強弱)
日本語のアクセント=pitch accent (高低)
英語ではアクセントのある音節が続くことがないので、日本語の高いピッチが続く語は英語話者は苦手である。  例:わたしが しんぶんを…

2。語結合のアクセント(word stress in compound and modified words)

英語の場合、語強勢(word stress)は前方強勢が中心で、合成語(compound noun)も前にストレスが
置かれる。   
例:greenhouse, gentleman, shorthand
しかし、「形容詞(adjective) 」+「名詞(noun)」になると、後方強勢になる。
例:green house, gentle man, short hand
日本語の場合、「形容詞(adjective) 」+「名詞(noun)」になると、前方強勢になる。
例:みどりの家、やさしい人、短い手

3。シラブル(syllable)

1)日本語は拍/モーラ(mora)で数えられ、大抵は1つのひらがなが1拍である。
  英語はつづり(spelling)に関係なく、単語はシラブルで数える。
  誤例:べんきょう(4拍)を ben-kyo と2シラブルで数えて発音する。
2)syllabic 'n'
母音の前の「ん」を1拍として発音することは、英語話者にとって難しいことである。  
Compare: when I was young...  and ほんを よんだ。

4。二重母音(double vowels)

英語では[ei] [ai] [ i] [ou] [i ] [ ] [ ] [u ] などの二重母音は1シラブルに数えられる。
日本語で母音が2つ続く場合は2拍である。
誤例:kaiwa(会話)、koi(恋)などの2つ目の母音がはっきり発音できない。
日本語話者が英語を話す場合、ユlanguageユ などの2つ目の母音がはっきりしすぎて英語らしく
聞こえないことがよくある。

5。子音「わ」の音

日本語の「わ」の子音は唇の丸めが弱いが、英語では強いので、「わたしは」の
「わ」と「は」が強く響きすぎる傾向がある。