Jp 101A Writing Assignment #1

このクラスでは、今までに星新一のショートショート「肩の上の秘書」、村上春樹のエッセイ「バークレーからの帰り道」、正高信男の評論「ケータイを持ったサル」を読みました。この3つの作品を手本にして、あなたも何か書いてみましょう。

内容:
Option 1= 「肩の上の秘書」の書評(review/ critique) を書く。
Option 2 = ショートショートを書く。内容は、人間や社会の現状を描写すること。
Option 3=エッセイを書く。内容は、生活の体験や回りの風物を描写する際、何か新しい見方を入れること。
Option 4= 「ケータイを持ったサル」についての批評を書く。
Option 5= 評論を書く。

長さ: 800字〜1200字。

語彙: 3作品のためにクラスで作製した語彙リストの中から、新しい表現や語彙を最低10個は使うこと。提出する時、それをハイライトしてから出すこと。

締め切り: 10月25日(木曜日)午後4時。