Jp 101A
エッセイ「バークレーからの帰り道」(村上春樹「やがて哀しき外国語」より)

Profile of Murakami Haruki (by Kay Lee)
村上 春樹むらかみ はるき1949年1月12日 - )は、日本小説家米文学翻訳家
京都府京都市生まれの兵庫県芦屋市育ち
。住職の息子で国語教師でもある父と、大阪の商人の娘である母の間に生まれる
兵庫県立神戸高等学校卒業
早稲田大学第一文学部演劇学科に入学
。大学在学中に陽子夫人と結婚
。結婚後、国分寺市に転居し、大学に在学しながらジャズ喫茶を開業する
。大学を 7 年かけて卒業後,閉店後の店で小説を書き、1979年『風の歌を聴け』でデビュー
。1981年には作家専業で生きていく決意を固め、ジャズ喫茶を廃業した
全共闘世代、団塊の世代を代表する作家であるが、政治活動にかかわることを避け、全共闘運動を全面的に支持しているわけではない様子が、作品の端々からうかがわれる。
1987年『ノルウェイの森』が、空前の大ベストセラーとなり、一般的にも認知される。その後、出せば必ず売れる作家の 1 人に数えられるようになった。1980年代以降の日本文学現代文学を代表する最も評価の高い文学者の 1 人である。福田和也は、夏目漱石以降で最も重要な作家と位置づけているが、他方で、渡部直己のようにアンチも多い。
2006年3月10日、自身直筆の原稿が本人に無断で、安原顕によって東京神田神保町古本屋や、ネットオークションで流出させられ販売されていることを、『文藝春秋』誌上にて明らかにした。村上は「安原さんがなぜこのようなことをしたのか分からないが、職業モラルに反しているし、盗品売買にあたる」とコメントをしている。

http://www.answers.com/topic/haruki-murakami (by Morioka)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E4%B8%8A%E6%98%A5%E6%A8%B9